本文へスキップ

水素水や天然水など、水質にこだわる現代社会の必需品・水質測定器。

電導率、塩素イオン、残留塩素などを丁寧に紹介するサイト『水質測定器で測るもの』

現代人は水質にこだわります。
飲料水では富士山の天然水などが人気ですが、最近ではこのような銘水に水素をたっぷり含有させた
高濃度の水素水が医療現場やスポーツ界で注目されています。
このサイトでは水質にこだわる現代社会の必需品・水質測定器で測定される項目について解説します。

電導率

  • 電気伝導率は比電気伝導度または導電率ともいい、断面積1cm²、距離1cmの相対する 電極間にある溶液の25℃における電導度をいいます。 ジーメンス(S)/cmまたはマイクロジーメンス(μS/cm)で表されます。

塩素イオン

  • 塩素イオンとは水中に存在する塩化物のことを言います。 塩化物は主として生活排水中に含まれ、特にし尿には塩化物が多量にあるのでし尿を多量に 含む下水は塩化物イオン濃度が高いといえます。 塩化物イオンの濃度は汚染のひとつの指標となります。
株式会社SEG
城下エンジニアリングは自動車・車体・溶接設備やロボット制御システムなどロボットエンジニアリングからトータルシステムエンジニアリングまでを駆使した生産ラインを製造します。
http://japan.segglobal.com/

残留塩素

  • 残留塩素とは、塩素処理をされたあとにも水中に残留している有効塩素をいいます。 次亜塩素酸、次亜塩素酸イオンなどの遊離型有効塩素を遊離残留塩素、モノクロラミン、 ジクロラミンなどの結合型有効塩素を結合残留塩素といいます。 結合型残留塩素の殺菌力は遊離残留塩素に比較すると弱いのが特徴です。

フッ素イオン

  • フッ化カルシウム、フッ化ナトリウムが水に溶解すると、加水分解によりフッ素イオンが水中に遊離して存在します。 半導体工場などでのフッ酸処理水にも多くのフッ素イオンが含まれて河川に放流される場合があり、水質汚濁防止法で工場で濃度の適切な処理と測定が必要とされています。

ナビゲーション

品質にこだわった水素水
富士山の天然水を使用した高濃度のナノバブル水素水。
「キャリーH」は定期購入が便利でお得です。
http://www.carry-h.com/